• 合気道をはじめてみませんか?

     

     

    合気道には試合がありません。

     

    点数をつけたり勝敗をつけたりしません。

     

    人と比べて優劣をつける競争を目的にしません。

     

    合気道は、生きる智慧と力を高めます。

     

    当道場では、現代を生きるための、現代人のための稽古場を目指しています。

     

     

    強く生きるとは、どういうことでしょうか。

     

    武道をはじめる動機はどんなものでかまいません。

     

    男性ならば

     

    腕力が強くなりたい?

     

    喧嘩に強くなりたい?

     

    一人倒した、次は5人倒した、次は10人、20人、30人倒せるようになった、

     

    そして自分の周りには、だれもいなくなる?

     

     

     

    強く生きるとは、どういうことでしょうか。

     

    自分を信頼してくれる人が一人できた、つぎは5人、つぎは10人、20人、30人、

     

    自分のところに自然と人が集まるようになった。

     

    自分は親しみのある仲間に満たされている。

     

     

    ほんとうの強さとは、そんなプライスレスな豊かさを享受できることではないでしょうか。

     

     

    たくさん息が入って、

     

    呼吸が深くなって、

     

    からだがリラックスしていて、

     

    身体と心に繋がりと拡がりを感じて、

     

    周りと自分の繋がりを感じて、

     

    周りと自分を同時に祝福できる。

     

    そのときの身体モードを想像してみてください。

     

     

    こういったことは、精神論で理解しただけでは、身につくとは思えません。

     

     

    むしろ身体を動かして、いろんな人と関わって、

     

    失敗も成功もいろいろ経験して、

     

    身体と意識が変わらないことには、心も生き方も変わらないと経験上感じます。

     

    心の問題は、精神論でなんとかするのでなく、身体(からだ)から入っていくほうが、手取り早いです。

     

     

     

    人をとりまく環境、

     

    政治も経済も世界情勢も自然環境も激変の時代、

     

    私たち個々のライフスタイルも、もはや昔は共通していただろう価値観や規範さえも多様化しています。

     

    わたし達はまさに移行的混乱期を生きています。

     

     

     

    人に迷惑をかけない生き方をすることも、自立し自律した個の確立も大切ですが、

     

    けれども「あなたのためなら多少の迷惑がかかってもかまわない」と言うことのできる人間になること、

     

    この人になら、この仲間になら、というご縁に恵まれたのなら、

     

    誰かのために協力したり助けたり、親切にすること、お役にたつことをいとわない、

     

    しいては、いずれは人にそう言われるような人間になること、それは

     

    10人、20人、30人倒し、勝ち抜くよりも

     

    もっともっと豊かで強い生き方ではないでしょうか。

     

    現代を強くしなやかに豊かに生きるとは、そういうことではないでしょうか。

     

     

     

     

    合気道をはじめると最初は誰でも右も左もわかりませんから、混乱します。

     

    まず最初に「うまくできない」ことに出会うので(最初の関門ですね)、

     

    こんなはずではなかった、こんな自分ではなかったはずだ、そう思うことがあるかもしれません。

     

    現実の自分は、自分が思っていたほどたいしたことがなかったと気づかされることがあるかもしれません。

     

    あるいは自己肯定感が少ない人は、自己イメージ変わって、自信をもって行動できるようになるかもしれません。

     

    体育や運動は苦手だと思っていた方が、合気道に出会って、からだを動かす喜びに出会われる方も少なくありません。

     

     


    「合気道のよさ」は、人と組まないことには成立しないことにあると思います。

     

     

    綺麗になろうと化粧をするときに

     

    鏡を見ずに化粧をする人はいないように

     

    他者という鏡を通して、自分を知る

     

    他者と組むことによって自分を識る。

     

     

    いろんな意味で自分を他者という鏡で映しだして、目をそらさずに、まず認識し、受け入れることからしか、

     

    ほんとうの意味で「道」のスタートをきれない、

     

    人としての成長を促すことはできないと思います。

     

     

     

     

    合気道に入門したら、今のご自身が理想としている人間になれるかどうかわかりませんが、

     

    入門した頃に思い描いた自分の理想像は、

     

    その後の人との出会いや稽古の修練によって、


    想像しえなかったレベルに「変容する」こともあるかもしれません。

     

     

    ブレイクスルーとは、そもそも「今の自分の器では想像しえないこと」がもたらされることだと思います。

     

    それは修練によってもたらされる「奇跡」です。

     

     

     

    安心してください。わたしも立派な未熟者です。(苦笑)

     

    こどもも、おとなも、失敗や間違いを恐れず伸びやかに学べる場所が必要です。

     

     

    お互いを通して、かけがえのない気づきを得ましょう。

     

    一緒にまだ見ぬ奇跡に向かって稽古を愉しんでみませんか?

     

    あなたの仲間が待っています。

     

     

    稽古風景

     

    初心者をベースに基礎から丁寧に稽古しています。少人数ですが、10歳から50代まで、老若男女、層は幅広いです。合気道は60代からでも始められます。

    昨年末忘年会

     

    市内のタイ料理で。
    呑んだ人は晴れた日の夜はこのトゥクトゥクTAXで送迎していただけるそうな! みんないい笑顔♪

    2016 春審査

    3月28日 無事に春の昇級審査をとりおこないました。

    それぞれの一所懸命さ、ひたむきさが伝わってくる演武でした。

    昇級おめでとうございます。

     

    お互いに助け合い、今の自分が分かることを教えあい、稽古に取り組んでいることが何よりです。


    澄月会の柱は、みなさんの熱意と真摯に学ぶ姿勢です。
     

    飛び入り見学も歓迎♪

    偶然、昇級審査の日に飛び入りで見学に来られたお寺の方。
    審査の日に来られるなんてこれも何かのご縁かもしれませんね?^^
    仏門の方らしく澄んだ瞳をお持ちでした。

    合気道入門、歓迎いたします♪

  • 合気道とは

    合気道は現代に活きる武道である

     

    現代に活きる武道とは何か

     

    それは命の力を高め

     

    命の使い方の法則を確立し

     

    日常生活に活かす武道である

     

    植芝盛平先生は、おっしゃった

     

    「合気道が日常に活かせるようになったら、その合気道は本物だ」

     

    (合気道多田塾主宰 多田宏九段師範のお言葉より)

     

     


     

  • 道場心得

    【道場心得】 (合気道 凱風館・内規に準ずる)

     

    一、礼儀作法は正しく、規律を守り、指導者の教えに忠実に従うこと。

     

    一、道場に入場する時は、玄関で帽子、手袋、コートをとり、正面に一礼してから、更衣室で稽古着に着替えること。

     

    一、稽古開始時間に遅れたときは、呼吸法、とり舟が終わるまでは入出場せず、道場外で待機すること。

     

    一、道場内ではお互いに話を尊び、明るくのびのびと稽古に励むこと。

     

    一、稽古は真剣に、素直に行い、怪我や過ちのないように心がけること。

     

    一、1人稽古を充分に行うこと。

     

    一、人の技を批判しないこと。

     

    一、杖、木刀を使用する時には、作法に則り正しく行うこと。

     

    一、稽古着は常に清潔にすること。

     

    一、稽古を始める前と終わった後は、必ず道場を掃除し、きれいな環境の中で稽古が出来るようにすること。

     

    一、道場内は禁煙、酒気を帯びた者には入場を禁じる。

     

    一、道場内での私語は稽古の妨げになるので慎むこと。

     

    一、見学者も道場内の秩序に協力し、見学の許可を得てから所定の場所で正座し見学すること。

     

    一、他の道場に行き稽古する時も、その道場の規律をよく守り、器物等には一切手を触れないこと。

     

     

    【一般作法、畳の上での注意】

     

    一、日常生活の言葉遣い、立ち居振る舞いと合気道の稽古とは、同じと心がけること。

     

    一、人前を横切らないこと。

     

    一、扉の開け閉めの際には、前後に人がいないか気をつけること。

     

    一、物を受けとる時、渡す時は、両手で行うこと。

     

    一、相手が畳に座っている時、挨拶する、話をする、物を渡す時は、自分も座ること。

     

    一、座った人のうしろに立たないこと。


     

  • 2016  年間 稽古予定表

    原則・月4回毎週月曜日

     

    月をまたいでいる稽古月もあるので、色別でご確認ください。

     

    月曜日  船岡中学校武道場 二部制 19:00〜21:00 21:00〜22:00

     

    ※ 不定期に特別稽古を行うこともあります。

     

    火曜日、木曜日 ウェルネス八日市 会議室 19:30〜21:30

     

    ※ 稽古場、曜日、時間帯は変更することもあるので、最新情報はGoogleカレンダーで確認ください。

     

  • 交通アクセス

    東近江市立船岡中学校・武道場 (駐車場・有)

    電車 JR近江八幡駅(新快速・停車)下車・近江鉄道にのりかえ 市辺駅  下車 徒歩3分

    車  名神高速 竜王ICより20分 蒲生スマートIC からは10分

     

    二部制 19:00〜21:00 21:00〜22:00

  • ウェルネス八日市(東近江市 社会福祉施設勤労者総合福祉センター)駐車場・有

     

    19:30〜21:30

  • Contact

    お問合せフォーム      携帯 080-3138-7114

    (携帯は稽古中や前後は出られませんので留守電にお願いします)

  • 澄月会つらつら

    日々の稽古で感じていることを書き綴ります。

    All Posts
    ×
  • 講師プロフィール

    福井千珠子(ふくい ちずこ)

    所属団体

    公益財団法人合気会

    合気道 凱風館   (神戸市東灘区)  所属 合気道弐段

    凱風館傘下道場 (滋賀県東近江市)澄月会 (ちょうげつかい)道場長

     

    2006年2月 多田塾甲南合気会(現 合気道 凱風館)

          内田樹師範(七段)の下に入門

     

    2012年 8月 京都の多田塾入江道場(現 入江道場)の入江康仁師範(五段)の下に出稽古に参加し始める(内田先生と入江先生は多田宏師範のもとの兄弟弟子関係)

     

    2013年 3月 初段取得

     

        4月  内田 樹 師範のお許しを得て、地元の滋賀県東近江市にて

           合気道稽古会・澄月会を発足(詳しくは、過去HPをどうぞ!)

     

    2014年 11月  多田 宏 師範イタリア合気会 創立50周年記念講習会 参加
    (イタリアをはじめヨーロッパ各地、アジア各地からの参加者と合同稽古)

     

    2015年 6月 凱風館 傘下道場(凱風館有志と高砂道場、清道館、青楓会、ささの葉合気会、澄月会 )合計 六道場の第一回 合同合宿 in 淡路島 

     

          ※凱風館・系列道場のHPは過去HP内のLINK頁へどうぞ♪   

     

     

    2015年  9月 弐段取得

     

    2016年  現在に至る

     

     

    年間行事  

     

    内田師範御指導による春・夏合宿

    凱風館 演武会

    多田宏師範御 指導の多田塾合宿(東大気錬会・早稲田大学 合気道会共催)

    広島 合気道指導者講習会(多田宏師範 御指導)      

    全国合気道演武大会(日本武道館)

     

    などに参加させて頂き合気道の研鑽向上に努めています。

     

    ※ 私の師匠である内田樹先生のそのまた師匠は多田宏師範です。
    多田先生は合気道の開祖、植芝盛平翁先生や吉祥丸先生に直に薫陶を受けておられる合気道家です。

                                      

    その他の経歴・活動

     

    合気道をはじめ、Yoga 、フェルデンクライス・メソッドなど身体を通してお互いの心身の成長と成熟を促すことをライフワークにしてます

     

    男の子3人を育てながら、東近江市地域で整体ヨガ教室主宰 15年した後に

    2015年 国際フェルデンクライス連盟認定プラクティショナー資格取得

    地元でクラス・レッスンや県外の企業や団体など出張指導もあり
    空き時間には自宅でフェルデンクライスの個人レッスンを開催

     

  • LINKS

    合気道 凱風館
    https://sites.google.com/site/konanaikikai/Home

     

    入江道場
    http://www.geocities.jp/aikido_iriedojo/index.html

     

    合気道芦屋道場
    http://aikidoashiya.web.fc2.com/

     

    芦屋合気会
    http://ashiyaaikikai2006.wordpress.com/

     

    合気道高砂道場
    http://www.geocities.jp/aikidotakasago/

     

    合気道 清道館
    http://kiyoe3seidokan.wordpress.com/aikido/

     

    青楓会
    seifukai.wix.com/seifukai

     

    ささの葉合気会
    http://www.kirakira.zaq.jp/sasanoha/

  • 澄月会Facebook

    フェルデンクライス Facebook